only*pen


<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
tiredness of summer*

 

夏の疲れって

今ぐらいにでてくるんだろうね

乗り切ってたつもりでも

知らず知らずに溜まってたのかも

そうは言っても

そんなのおかまいナシに

どんどん予定は埋まっていく

この先一ヶ月ぐらい

週末はイベント続き

もうどうでもいいよ

なーんかめんどくさい

って投げ出したくなのは

レギュラーとする日常が

忙しすぎるせいだろう

イベントって

楽しむためにあるはずなのに

なんかこんなんじゃ

やだ

とりあえず

今夜はゆっくり眠ろう

ココロもカラダも

夏の疲れから

解放してあげよう


| DNP CENTURIA200 | - | - |
fearful dream*




今朝
シクシクと
だれかが泣く声で目を覚ます
息子がベッドに横になったまま泣いている

どうしたの?

こわいゆめみたの・・・

泣くほど怖いなんてどんな夢みたの?
おばけの夢?

こっちおいで
だいじょうぶ
もう怖くないからね

息子の頭をなでて
プクプクのほっぺにキスしてあげた

・ ・ ・ ・ ・

ちがうの
あのね

まくらのわたをちぎってあそんでて
おかあさんにおこられたゆめだったの
(ぐすん。。。)



怖いって
そーゆー怖いかよ・・・
(絶句)





| DNP CENTURIA200 | - | - |
road movie*



 好きな被写体は何度も撮ってしまう

みつけるとそのたびに

無意識にファインダーのぞいてる

ワーゲンバスも

過去に何度も撮ってる

しかもほとんどおなじ構図で



いつか

ロードムービーみたいに

このバスに乗って旅したい

Knockin' on heaven's doorの

ベイビーブルーもいいけど

こっちのほうが

寝心地もいいだろう

なによりHappyになる

好きな曲 



おっきな音で聴きながら

あてもなく

気の向くままに

旅に出たい




| DNP CENTURIA200 | - | - |
good morning*





おはよう

いつもの朝

いつもの道

いつもの風景





通勤はチャリで

大きな通りから

横道にワープ

すでに真夏日な朝だって

ここは木漏れ日でいっぱい

きらきらしてる





木漏れ日通りの最終地点の公園で

ボトルに入った

アイスコーヒーといっしょに

一息つく




朝にもらう元気で

いちにちが決まる





Good Morning!

明日も素敵な朝になるといいな








 


| DNP CENTURIA200 | - | - |
cat's eye*



3日間だけのお盆休みが
今日で終わってしまう
休みのあいだ息子が熱を出していたため
ほとんど家で過ごす
外はギラギラの太陽で夏全開
まぁ、暑いしお部屋でのんびりもいいのかも

会社の友達に貸していた
木更津キャッツアイのDVDが
忘れたころに戻ってきた
休み前に返しておこうと思ったんだろう

「見るー?」
子ども達に聞いたら
「おもしろいなら見るー」

めちゃめちゃおもしろいに決まってんじゃん
クドカンドラマの大ファンのあたしにとって
木更津キャッツのDVD BOXは宝物だ

2日間で全9話見切って
さらにTSUTAYAで日本シリーズもレンタル
残すはワールドシリーズで全制覇だ

ちょっとお子ちゃま達には
「あ、、、ここはオトナなシーンだから目つぶってて。汗」
なところもあったけど・・・笑
完全にうちの子達も
木更津キャッツの虜になってしまった
うっちー、猫田、オジーが特にツボったらしい
あたしはコースケも好きなんだけどなぁ・・・

そして
やっさいもっさいを歌って踊るのが
彼らのマイブームとなっている

こんな夏のすごしかたも
アリでしょう


きょうは
息子の熱もすっかり良くなって
夏のお約束の
ひまわり畑へ

あー
またたくさん撮ってしまった




| DNP CENTURIA200 | - | - |
brag! *




長雨が続いていた東京も
ひさしぶりの夏日

元気いっぱいの空に
気分も空をあおぐ

今週は土曜も仕事だった
みなさんだいぶお疲れの様子の休憩室

景気があがらないとか
アイツは仕事が遅くてつかえないとか
疲れてクタクタだとか
そりゃもう大変だ

ちらりと窓からのぞく夕空に
思わず煙草を吸いながら 
すくっと立ちあがって近づいていった

夕陽を浴びたビルの鉄片のアンテナが
黄昏色の光を放つ
なんてきれいな空なんだろう
ひたすらぼーっと見惚れるあたしに
唖然とするおじさんたち

でも視線が固まったのは
ほんの一瞬だけだった
そのさきに広がる
空の美しさに気づく暇もなく
またボヤきはじめる・・・

ほら!
そこの疲れた人たち!
つべこべ言わずに
空をみあげてごらん
疲れなんかぶっ飛ぶさ






| DNP CENTURIA200 | - | - |
| 1/1 |